kv kv

この夏、BOSCHがおすすめしたいのは、
爽やかなシトロンイエローが映える同素材で
作ったブラウス、パンツ、スカート。

普段からカラーアイテムを素敵に着こなす
佐藤匠さんが、
それらを投入して旬なエッセンスを纏った
スタイリングをレクチャーします。

CITRON YELLOW

Lineup

COLOR VARIATION

GREEN
BROWN
NAVY

ノースリーブながら二の腕が細く見えるように仕上げたブラウス、どんな足元にもマッチするパンツのスリットの入れ方、デザイン性だけでなく下半身を華奢に見せるスカートのライン使いなど、大人の女性が求める細部へのこだわりが詰まったラインナップ。
素材は肌触りがよくシワになりにくい、ドライタッチな生地を使用して、見た目も機能性も兼備。上下合わせてセットアップでも、単品でも、今どきの装いを叶えてくれる夏まで活躍のアイテムです。
イエローの他に、鮮やかなブルーグリーン、ブラウン、ネイビーの全部で4色展開。

BOSCH SUMMER 2022

Blouse whole body

TAKUMI'S comment

「大胆に色を配したグラフィカル柄は、 カラーアイテムとの相性抜群。意外にどんな色を合わせてもスムーズに馴染むので、同じような落ち感のある素材でつなげてワンピース風に着こなしました。
楽な着心地ながらきちんとおしゃれな雰囲気が備わる、 夏らしい開放感あふれる装いです」

# BLOUSEを使って

  • Blouse 01
  • Blouse 02

# PANTSを使って

  • Pants 01
  • Pants 02
Pants whole body

TAKUMI'S comment

「カラーパンツを足元にのぞかせるだけでロングニットの鮮度が確実にアップ。
さらに、ロングニットというとレギンスやスキニーと合わせがちですが、 今年は断然テーパードが気分です。イエロー×ブラウンの新鮮な配色にシルバーアクセサリーのトッピングで今年らしい抜け感を」

Skirt whole body

TAKUMI'S comment

「絶妙な肩パターン、ボックスシルエットの長め丈、しっとりとしたやや肉厚の素材感…。色違いで揃えたいくらい私好みのニット。 スカートの白のラインとリンクさせたトップスで全体をクリーンに仕上げています。
ニットをボトムインせずにスカートとつなげたIラインシルエット、足元にあえて柄を取り入れるとラフで垢抜けた印象に」

# SKIRTを使って

  • Skirt 01
  • Skirt 02
  • Skirt 03

# PANTSを使って

  • Pants 01
  • Pants 02
Pants whole body

TAKUMI'S comment

「彩度の高いカラーパンツは、トーンを合わせたストライプブラウスできちんとした女性像を。 ストライプに使っているネイビーのラインを拾って、ネイビージャケットをオン。 着こなしに統一感を与えました。
ブラウスの裾はアウトにすると、縦のラインを強調されてシャープに決まります」

Skirt whole body

TAKUMI'S comment

「シトロンイエローをどう合わせたらいいのか、という方におすすめなのがこの配色。淡い黄色に黒だけでは重くなりがちですが、あえてネイビーの肩掛けニットのアクセントで軽やかさを加えています。
旬のショートパンツを取り入れるなら“少年にならない”が鍵。きれいめブラウスに、スラックスを切ったようなセンタープレス入りストレートシルエット&麻混素材で大人顔に仕上げたショートパンツなら、余裕のある装いが叶います。」

# BLOUSEを使って

  • Skirt 01
  • Skirt 02

OTHER ITEM

Other item

JACKET

ネイビー&ブラウンは
ジャケットも!

あえてノーカラーで夏でもサラッと羽織れる、やや長めの丈でボクシーなシルエットで、 今年らしさを添えました。

STAFF

MODEL&STYLING/TAKUMI SATO

PHOTOGRAPHER/MASAHIRO NOGUCHI(WIND)

HAIR&MAKE/ILMI KWON(ROI)

DIRECTOR&WRITER/MAHOKO IIZUKA