今季、BOSCH’のイチオシカラーはアクアグリーン。
そんなヘルシーなオーラを放つきれい色を主役に、
佐藤匠さんが着こなしを提案。
鮮度の高い配色と少しのテクニックで
ベーシック服が見違えるスタイリングは必見です。

アクアグリーンで描かれたボタニカル柄を大胆に配して、爽やかに仕上げたジャカードパンツ。上品なベースの白、リッチな素材使いで洗練された大人の魅力が高まる柄アイテムです。

アクアグリーンで描かれたボタニカル柄を大胆に配して、爽やかに仕上げたジャカードパンツ。上品なベースの白、リッチな素材使いで洗練された大人の魅力が高まる柄アイテムです。

「ジャカードパンツにシアーブラウスを合わせて、色と素材のコントラストが楽しめるスタイリング。ただ、甘くなりがちな素材同志なので小物でスパイスを与えています。柄の色とリンクさせたニットを肩に掛けるスタイリングは私の定番。ワントップスが多くなる春夏は、肩掛けニットのひと手間で不思議とコーディネートが洗練される気がします。」

特殊加工を施したハリと光沢のある素材で大人顔に仕上げたTシャツは、アクアグリーンでワンランク上のおしゃれを。ゆとりのあるシルエットで今どきの表情を備えつつ、インでもアウトでもスタイリッシュに決まる程よい丈感で使いやすさも考慮。

「アースカラーのまとまり、リアルな自然の色の組み合わせがとても新鮮。そんな配色であえてカチッとしすぎない、こなれ感のあるセットアップの着こなしを考えました。足元は少し前までならスニーカーでしたが、今年はややボリュームのあるフラットサンダルが気分です。」

この春も引き続きカラーパンツ人気は健在。アクアグリーンを選べば、春から夏への軽やかな着こなしが即叶う。どんなトップスを合わせてもバランス良く決まるテーパードシルエットだから、コーディネートも楽です。

この春も引き続きカラーパンツ人気は健在。アクアグリーンを選べば、春から夏への軽やかな着こなしが即叶う。どんなトップスを合わせてもバランス良く決まるテーパードシルエットだから、コーディネートも楽です。

「まだ肌寒い春先の着こなしに、冬の延長のスタイリング、ニットのレイヤードにカラーパンツで春らしさを添えました。ロングニットにはレギンスではなく、テーパードパンツを合わせるほうが断然新鮮。柔らかい白とアクアグリーンの上品な色合わせでカジュアルを大人っぽく仕上げています。」

使い勝手のいいシンプルなフォルムながら、胸元や袖口の編み地変化で表情豊かなニット。一枚はもちろん、インナーとしても色のインパクトで顔まわりがパッと華やぎ、軽やかな装いを可能にしてくれます。

使い勝手のいいシンプルなフォルムながら、胸元や袖口の編み地変化で表情豊かなニット。一枚はもちろん、インナーとしても色のインパクトで顔まわりがパッと華やぎ、軽やかな装いを可能にしてくれます。

「今年トライしたい色on色のコーディネート。アクアグリーンとピンクベージュの柔らかいトーンで揃え、さらにコートや小物まで淡いカラーのグラデーションで繋げれば、色がうまくまとまります。優しい印象でニットが映えるコーディネートを意識しました。」

流行のオーバーサイズのカーディガンは、フロントの切り替えやサイドと裾のリブ編み、配色のボタンでゆるっと着てもシャープに決まるデザインに。端正な表情のニット素材に旬のカラーリングでシャレ感を加速。

「プルオーバーとしてさらりと着られるカーディガンは、私好みの艶やかなサテンロングスカートに合わせてヘルシーに。デコルテが映えるV開きでもあえてネックレスは無し。さらりと着こなすことでシャンパンゴールドとグリーンの洗練配色が際立ちます。」

STAFF

MODEL&STYLING/TAKUMI SATO

PHOTOGRAPHER/MASAHIRO NOGUCHI(WIND)

HAIR&MAKE/ILMI KWON(ROI)

DIRECTOR&WRITER/MAHOKO IIZUKA