STYLING LESSON STYLING LESSON

クリエイティブディレクター小山田早織 こだわりのデニムを発表
最新のヴィンテージ加工をジャパンデニムの先頭を走る、
児島の工場に発注

学生のころ、児島のデニムと出会い鮮烈な体験をしました。
推誌「ViVi」の読者モデル企画からのご縁で、デニムメーカーのディレクターを務めることなり、岡山県児島市のデニムの工場に通っていた時期があったんです。
日本発のデニム製品発祥の地であり、多くの工場が世界のマーケットを相手に生産を続けていますが、児島の町でものづくりに真剣に関わって、そのすばらしさに触れたことが、今の仕事にも結びついています。
児島の職人さんたちの妥協を許さないデニムづくりを知っているからこそ、デニムが大好きになりましたし、職人さんの技と熱意がこめられたアーティスティックなデニムを日常的に履くのは、おしゃれの醍醐味だと思います。みなさんにもぜひそんな楽しさを知ってほしくて…。
今シーズン、念願がかなって児島の工場にお願いし、私のこだわりを詰めたヴィンテージ加工デニム、3タイプをつくってもらいました!

今回製作をお願いした児島市のフーヴァル本社工場で、
お願いしたデニムがどんなふうにつくられているのか、加工の工程を見学&リポート

高回転のヤスリを使用してジーンズにシェービング加工を施します。
職人さんの絶妙な力加減次第で、できあがりが変わります。
熟練の技とセンスのよさがないと
かっこいいエイジング加工は生み出せない!と納得。

ひざ周りにはグラインダーで穴をあけ、
クラッシュ部分をつくります。

細かな砂を風と-緒に高圧で吹き付けるブラスト加工で、
もも部分に擦れたような白い部分をつくり表情を出していきます。
マシンを使っての繊細な作業。

工場で使う石のなかでいちばん小さい石を機械に投入して
ジーンズに洗いをかけ、自然な「アタリ」をつけていきます。
何度も洗いをかけるのだそう。女性らしく
上品なヴィンテージ感が生まれます。

完成したジーンズを拝見中。
製作の過程を見ると、本当にいとおしい!

STYLING LESSON

気負わないけどセンスが光る、
一本買い足せば個性をもっと発揮できるデニム。
ヴィンテージ加工のディテールに加えてシルエット、
デザインにとことんこだわった3本です

オリジナル加工デニム(8月展開)
¥ 18,000(税抜)
カラー:NAVY

12オンス ヴィンテージストレッチデニムを使用。
特別な手間をかけ、左右のカラートーンに少し差をつけています。加工の途中で一回乾燥させたあと、センターラインにマスキングテープを貼って、半分だけ塩素を使い手作業で色を落とすという方法です。ウォッシュで少しハードなアタリ感をつけています。
環境にやさしいエコブリーチを使用。
ほどよいゆとりがあるボーイフレンドタイプで、なおかつすっきりしているシルエットが
魅力です。

表、裏ともにカラートーンの左右差を出して。そのラインの位置にもこだわっています。

クラッシュダメージデニム(8月展開)
¥ 18,000(税抜)
カラー:NAVY / BLUE

ムラ糸を少し強めに織り込んだ12オンスのヴィンテージデニムを使用。
大胆に開けた膝のクラッシュを際立たせるために、
ひげやブラストはやさしめに入れて女らしさを表現しています。
ランダムカットしたあとに洗いをかけておしゃれ感をアップ。
環境にやさしいエコブリーチで色を落としています。
ほどよいゆとりがあるボーイフレンドタイプで、カジュアル感と女性らしさがほどよいバランス。

膝のクラッシュはヴィンテージ感たっぷりの仕上がり。

ソフトストレッチデニム (9月展開)
¥ 16,000(税抜)
カラー:NAVY

ソフトで軽い10.5オンスのストレッチデニムを使用。
ムラを主張しすぎない品のいいアタリ感を出しています。軽めのストーンウォッシュを施し、
ヒゲやブラスト加工もソフトに入れて仕上げました。
足を入れるとやわらかくストレッチするデニム地が快適で、履いていることさえ忘れるほど?!
立体的なブラスト加工の位置を絶妙に設定していて、足長見せ効果も期待できます。

自然でほどよいヒゲ加工。上方まで入っているので脚長効果も。

NEWARRIVAL ボタン 特集へ戻る